弱虫ペダル

【弱虫ペダル】キモかっこいい御堂筋の過去・名言・名シーンまとめ!

©︎渡辺航 「弱虫ペダル」

大人気自転車ロードレース漫画「弱虫ペダル」のなかでもひときわ異彩を放っているキャラクター・御堂筋翔。

こちらの記事では御堂筋のプロフィールや性格、過去エピソードなどについて詳しく紹介いたします。

 

御堂筋翔のプロフィール

御堂筋のプロフィールは下記の通りです。

学年 京都伏見高校1年生→2年生
タイプ オールラウンダー
身長 185㎝
体重 不明
誕生日 1993年1月31日
星座 水瓶座
血液型 不明
視力 2.0
ゼッケン番号 91(インターハイ神奈川)111(インターハイ栃木)

御堂筋は、物語の主人公である小野田坂道のライバルの1人として登場します。

坂道が通っている総北高校のライバル校として存在する「京都伏見高校」の自転車競技部に所属している御堂筋は、本作における悪役のようなポジションです。

彼はとにかく奇抜な存在で、体を不自然に揺らす、舌を出すといった不思議な行動はもちろんのこと、誰彼構わず無礼な態度をとる(強豪校である箱根学園に壇上で「ぶっ潰しまーす」宣戦布告を行う、チームメイトの先輩を「ザク(量産型)」と呼び邪険に扱う)など何かとお騒がせで目が離せません。

見た目も独特で、まるで爬虫類のように見える不気味さを持つキャラクターです。

 

実力は本物

御堂筋は入学早々自転車部に入部し、当時の3年生エースでありキャプテンであった石垣をレースで出し抜き、半ば強引に自分をエースにしました。

彼が入部したことにより、和やかだった京都伏見チームは一変。御堂筋に絶対服従状態の、まるで軍隊のようなチームとなったのです。(御堂筋「くん」呼びを強制、ほかの部員は番号や苗字のみで呼び合うなど)

しかし彼の実力は本物であり、御堂筋が入部して以降、チームは強さを発揮するようになったのです。

独裁的である彼ですが、自転車のテクニックや作戦を考える力はかなりのものでした。

 

自転車を始めるきっかけとは

そんな彼が自転車を始めるようになったきっかけは、彼の母親にあります。

御堂筋の母は重い病気で入院しており、彼は親戚の家に預けられていました。御堂筋は遠くの病院まで毎日、母に会うために自転車で片道2時間かけてお見舞いに行っていたのです。

そのほかの運動は苦手だったものの、自転車の才能があった御堂筋。「自分が頑張れば、母親が喜んでくれる」という想いをきっかけに、自転車に打ち込むようになります。

 

ある時、入院していた母が一時退院することが予定されていました。その退院日にロードレースの大会があった翔は母に対して「見に来てや」と言いました。

それに対して母は「そやな、翔の勝つとこ見たいな」と言っていましたが、容体が急変し亡くなってしまいます。

大会当日、翔は優勝することが出来ましたが、優勝する姿を喜ぶ母を見ることが出来ませんでした。

母の喜ぶ姿を見ることが出来なくなったという悲しい気持ちから「勝つとこ見たいな」という母の発言を思い返し、それから御堂筋は勝ちにこだわるようになります。

 

今泉との関係は?

御堂筋は、坂道の同級生である今泉俊輔の因縁の相手です。

勝つためにはいかなる手段も使う御堂筋は、今泉との対戦時に「キミの母親が事故にあったらしい」と嘘をつき、動揺させる作戦をとりました。

結果今泉は失速し、レースでは敗北したのです。

このことをきっかけに、初期の今泉は「御堂筋に勝つ」ということにひたすら執着していました。

これだけ聞くと、御堂筋がいかにも非道に見えます。しかし彼は「ボクは母親が死んだくらいでペダルを緩めたりせんよ」と言い放つのです。

前述した母親とのエピソードを考えると、ここから御堂筋の強さや葛藤を感じることができるでしょう。

 

御堂筋翔の口癖「キモ」について

御堂筋は綺麗事が嫌いで、「努力」や「仲間」と、そして「協力」いった言葉には嫌悪感を露わにします。

そういう類のものを気持ち悪い、意味がないと考えている御堂筋は、それらに対して「キモ」と言い放つのです。

また対戦相手を煽るために「キモキモキモォォォーーー!!」と叫びながらペダルを漕ぐこともあります。

御堂筋にとって何より大事なのは勝利です。勝ち負けにこだわらない他者の姿勢を綺麗事と感じ、気持ち悪いと思っているのでしょう。

 

御堂筋翔の名言・名シーン集

100個の事出来るより1つとことん出来る方が絶対偉いやろ

運動も勉強も苦手だった上に見た目も独特であった御堂筋は、同級生からいじめを受けていました。

スポーツ選手になりたいという夢を周りに馬鹿にされた彼は、心の中で上記のように呟くのでした。ここから御堂筋は、自転車1本に打ち込むようになります。

 

お前、キモくないな

箱根学園のクライマーである真波山岳を認めた時のセリフです。生を感じギリギリの戦いをしている真波を見て、思わず溢れたセリフでした。

 

御堂筋翔の声優は遊佐浩二

御堂筋の声優さんは遊佐浩二さんです。遊佐浩二さんといえば京都弁で有名な声優さんということで、御堂筋にピッタリと言えるでしょう。

遊佐浩二さんのそのほかの代表作といえば、「BLEACH」の市丸ギン、「黒執事」のラウなどが有名です。

 

最後に

独特なキャラクターでファンに強烈な印象を与える御堂筋ですが、とことんストイックに勝ちにこだわる姿勢はある意味純粋ともいえます。

今後も御堂筋の動向に目が離せません。

 

関連記事【弱虫ペダル】東堂尽八はかっこいい! プロフィール・名言まとめ!

-弱虫ペダル
-

© 2022 ホビーミュージアム