名探偵コナン

致死率100%!?コナンが歩く死神と呼ばれる理由を徹底解説!

致死率100%!?コナンが歩く死神と呼ばれる理由を徹底解説!

歩く死神...

名探偵コナンの主人公「江戸川コナン」は一部ファンからそう呼ばれています。

この記事では、なぜコナンに歩く死神などという物騒な二つ名が付いてしまったのかを、独自の視点で解説していきます

コナンは歩く死神と呼ばれている

まずはこのツイートを見てください。

このツイートで言われているように、名探偵コナンのファンの一部には主人公のコナンのことを「歩く死神」と呼ぶ人たちがいます。

なんとも物騒な二つ名ですね。推理で事件を解決に導く名探偵のはずが、なぜこのように呼ばれるようになってしまったのでしょうか。

この記事ではコナンが歩く死神と呼ばれるようになった理由を以下の3つのポイントに分けて解説して行きます。

  • コナンは事件への遭遇率が異常なので死神
  • コナンは犯人を必要以上に追い詰めるので死神
  • コナンは犯人に暴力で自白させるので死神

それでは早速以下の章から解説を始めます。一部筆者の個人的な見解も入っていますのであしからず。

コナンは事件への遭遇率が異常なので死神

コナンは行く先々で事件に遭遇します。

知人の家に行っても、遊園地に行っても、海外旅行に行っても、事件に遭遇。

しかも、出逢う事件はどれも殺人・殺人未遂・監禁・誘拐などなど、どれも重犯罪な事件ばかり。

そう、コナンはどんなところでも死を引き寄せてしまうのです。

コナンは米花町を拠点としていますが、コナンがいるせいで米花町の犯罪率は爆あがりです。

右を見ても左を見ても殺人事件。阿笠博士も重犯罪を引き寄せるコナンと関わっているせいで、自宅でお尻をボウガンで撃たれたことがあるほど。

死神の影響力は周囲の人間にも及んでしまうのです。

参考までに、ネット上の有志の方の計算によれば、連載開始からストーリー内の時間が1年も経過していない設定であるコナンが、今までに事件に遭遇した回数は270回もあり、そのうち殺人事件の件数は181件もあったそうです(単行本90巻までの統計)。現在はもっと連載が続いているので、実際にはコナンはこれよりも多くの事件に関与していることになります。

さらに、コナンが事件に関与した日数は1年のうちでなんと322日! 1年のほとんど全ての日でコナンは重犯罪に関与しています!

これだけ人間の死を呼ぶ男。まさに死神の名前を語るに相応しい人間でしょう! もはや人間なのかも怪しいです。

関連記事【名探偵コナン】米花町の治安は!?犯罪率や死者数が多すぎる!

コナンは犯人を必要以上に追い詰めるので死神

私がコナンが死神だと思う理由は、多くの事件に遭遇してしまうからだけではありません。

事件に遭遇すると、コナンは嬉々として証拠を集めて推理で犯人を導き出します。

その時のコナンの様子は、まるで小さな子供が新しいおもちゃを見つけた時のように見える時があります。

いや、いじめっ子が新しいターゲットを見つけた時にも似ています。怖い。

そして、真実を解き明かすや否や、多くの人を集めてその前で推理を発表して犯人を追い詰めるのです。

こんなことされたら犯人は精神的に追い詰められること間違いなしです。

クラス全員の前で怒られる中学生くらい追い詰められます。わざわざみんなの前で公開処刑しなくてもいいのに

そして、公開処刑された犯人はワナワナと膝を震わせながら自分の罪を告白することになるのです。

このように、コナンは不必要なまでに犯人を精神的に追い詰め、それによって自白を引き出します。

こんなの死神と言われてもしょうがありません。人格が死神です。

コナンは犯人に暴力で自白させるので死神

コナンが鋭い推理と公開処刑で犯人を精神的に追い詰めても、犯人が頑なに自白しない場合があります。自白しないどころか逃げ出してしまうことさえも。

そんな時にコナンがどうするかというと、阿笠博士に作ってもらったキック力増強シューズの出力をMAXにして、犯人の後頭部目掛けてサッカーボールを蹴り当てます。

ついに暴力。暴力反対。

ちなみに、コナンが犯人を物理的に攻撃することをネット上のネタでは「推理(物理)」と書くことがあります。

推理なんか必要ないんや、暴力でねじ伏せれば自白させられるんや...。

精神的に追い詰められた挙句、後頭部にサッカーボールを強打された犯人はそのまま自白するか連行されるわけです。

暴力に訴えてでも意地でも自白させてやるという心の底が透けて見えるようです。

こんなやつ死神って呼ばれてもしょうがない!

ついにコナンが目暮警部に死神呼ばわりされてしまう

ファンたちがコナンが死神だと騒ぎ立てている中、ついに名探偵コナンの登場人物にもコナンの死神力に疑問を持つ男が現れます。

名探偵コナンの漫画第87巻・アニメ第814話〜第815話で目暮警部がついにコナンを死神認定したのです。

流れとしては、密室殺人事件が起こった現場で、目暮警部と事件に居合わせた米原桜子という女性が以下のように会話します。

目暮警部と米原桜子の会話

米原桜子「やっぱり私...呪われているんでしょうか!?」

目暮警部「あ、いや...」

目暮警部(ワシに言わせればあんたより...常にあんたと共に現場に居合わせてるコナンくんの方が...よほど死神じみているが...)

米原さんは過去のコナンのお話の中で既に2回事件に巻き込まれており、この話で3回目の事件に巻き込まれたことから、自分が呪われているのでは?と目暮警部に相談します。

そして、その言葉を受けて目暮警部が脳内でコナンを死神呼ばわりしたのです。

少し鈍感なところもある目暮警部でも、流石に20年の連載でコナンと何度も事件に遭遇してきたので思うところがあったのでしょう。

米原桜子さんもある意味、歩く死神の被害者なのかもしれません。

ちなみに、コナンは佐藤刑事にも死神呼ばわりされたことがあります。

もはやコナンの世界の人間には死神であることを気づかれている...!?

関連記事【名探偵コナン】目暮警部は無能?目暮警部の無能さを暴く!!

関連記事【名探偵コナン】目暮警部の奥さんは美人?目暮みどりを徹底解明!

関連記事目暮警部は帽子を脱ぐことがあるの?入院しても脱がない帽子の謎に迫る!

コナン自身も自分が歩く死神だと認めている!?

そして、目暮警部だけでなく、ついにコナン本人までもが自分が死神であることに気づき始めています。

アニメオリジナルストーリーとして放送された、アニメ第1044話「豚汁は命がけの合図」にて、コナンと毛利小五郎が以下のような会話をしています。

コナンと毛利小五郎の会話

コナン「ねぇおじさん、僕らがいると『事件がよく起きる』って目暮警部がいつも言ってるよね?」

毛利「偶然ってやつだろうな」

コナン「じゃあ、あれも偶然?」

(コナンが指差した先にパトカーが止まっている...)

相変わらずの事件遭遇率はもう驚かないとしても、コナンが「僕らがいると事件がよく起きる」ということを認識していることが読み取れる会話です。

それを偶然の一言で済ませてしまう毛利小五郎にもびっくりですが...。

ついに自他ともに認める死神になったと言ってもいいかもしれませんね。

コナン以外にも歩く死神と呼ばれている漫画のキャラクターが存在する!?

ここまで散々コナンのことを歩く死神呼ばわりしてきましたが、実は歩く死神と呼ばれている漫画のキャラクターはコナンだけではありません。

金田一少年の事件簿」の主人公である「金田一(きんだいち はじめ)」もネット上では歩く死神と呼ばれています。

金田一は祖父が名探偵であり、祖父譲りの推理力で何事件を次々と解決していく本格ミステリー作品となっています。

これは筆者個人の意見ですが、名探偵コナンと比べると金田一少年の事件簿の方が、絵のタッチのせいか出てくる死体の描写がより恐ろしく、ややホラー感が増している気がします。

どちらもミステリー作品の主人公なので事件にたくさん関わるのは必然とはいえ、コナンも金田一も行く先々で大事件に遭遇。

まさに死神の風格を持った2人です。

そんな2人を一部のファンは「死神コンビ」と呼んでいるそうです。

1人でもやばいのに2人揃ったらたまったもんじゃありませんね。

コナンが死神として扱われているギャグ漫画がある!?

さて、コナンは死神と呼ばれていることがわかったところで、死神と呼ばれていることをギャグに変えて描写してくれるスピンオフ漫画「犯人の犯沢さん」を紹介します。

名探偵のコナンではたびたび、犯人が真っ黒な状態で描写されることがありますが、この「黒い人」が「犯人の犯沢さん」の主人公になっています。

このスピンオフの作中では、米花町は犯罪都市と呼ばれ、毎日殺人事件が発生しています。そのため、警察はいつも人手不足。市民は毎日命がけで生きています。

そして特徴的なのが、米花町ではコナンが「死神」と呼ばれ恐れられているという設定が盛り込まれていることです。

この作品では犯人側の視点から見ると、いかにコナンが恐ろしい死神かということを主人公の犯沢さんの視点で楽しむことができます。

そんな恐ろしい死神の待つ米花町に引っ越してきた未来の犯罪者「犯沢さん」が、今までの生活と米花町での生活のギャップにビビりながら日常を送る様子を描いているのがこの作品です。

過去にコナンが解決した事件が元になっている小ネタも出てくるなど、原作ネタも豊富なので興味のあるコナンファンの方は試し読みできる分だけ覗いてみると、楽しめるかもしれません。

以下の表に「犯人の犯沢さん」が無料試し読みできるサイトをまとめてみました。どのサイトでも全ての巻を最大で25ページまで試し読みできます。

気になった方は試し読みをしてみると、作品の雰囲気が掴めると思います。

「犯人の犯沢さん」の無料試し読みができるサイトまとめ
サイト名 特典
コミックシーモア 新規会員で70%OFFクーポンがもらえる
ひかりTVブック 新規会員で60%OFFクーポン1回分と30%クーポン5回分がもらえる
DMMブックス キャンペーンの時期には最大50%のポイント還元
まんが王国
毎日最大50%のポイント還元
キャンペーンの時期には最大80%のポイント還元も
eBookJapan 初回ログインで最大6回使える50%OFFクーポン配布中
ブックライブ 新規会員で50%OFFクーポン配布
毎日クーポンがもらえるガチャが引ける
BOOK☆WALKER 初回購入の合計金額の50%分をコインとして還元
Amebaマンガ 新規会員になると40%OFFクーポンがもらえます
Amazon 新規会員になると40%OFFクーポンがもらえます

まとめ: やっぱりコナンは歩く死神

この記事ではコナンがいかに死神じみた人間であるかについて語ってみました。

重犯罪を引き寄せ、犯人を精神的に追い詰め、最終的には暴力で解決することさえあるこの死神の活躍から今後も目が離せませんね!

コナンと同じ世界に生まれなくて本当によかった...。

コナンネタ記事リンク

関連記事名探偵コナン「ペロッ...これは、青酸カリ!」の元ネタは第何巻?

関連記事安室透(降谷零)はゴリラ? ゴリラと呼ばれる理由を調べてみた!

関連記事【名探偵コナン】ターボ歩美とは!? ターボの元ネタはどこから?

関連記事少年探偵団は足手まといでうざい? みんなの意見を調査してみた!

関連記事【名探偵コナン】米花町の治安は!?犯罪率や死者数が多すぎる!

-名探偵コナン
-,

© 2022 ホビーミュージアム