弱虫ペダル

【弱虫ペダル】東堂尽八はかっこいい! プロフィール・名言まとめ!

【弱虫ペダル】東堂尽八はかっこいい! プロフィール・名言まとめ!

©︎渡辺航 「弱虫ペダル」

「弱虫ペダル」のキャラクターの1人である東堂尽八(とうどう じんぱち)。

箱根学園のクライマーとして活躍していた彼は、一体どのようなキャラクターなのでしょうか。

本記事では「弱虫ペダル」の東堂尽八について詳しく紹介していきます。

東堂尽八とはどういうキャラクター?

 

東堂尽八は一体、どのようなキャラクターなのでしょうか。以下の表にプロフィールをまとめてみました。

東堂尽八のプロフィール
名前 東堂尽八(とうどう じんぱち)
学校・学年 箱根学園3年生→筑士波大学医療心理学部
タイプ クライマー
自転車 リドレー
ゼッケン 3
身長 174cm
体重 61kg
誕生日 199088
星座 獅子座
血液型 A
得意科目 古典、現国、日本史、数学
苦手科目 なし
声優 柿原徹也
舞台キャスト 玉城裕規 / 北村諒 / 佐藤祐吾 / 遼太郎 

東堂尽八は、自転車の強豪校である箱根学園のエースクライマーであり副主将をつとめていたキャラクターです。

セミロングの黒髪にカチューシャがチャームポイントです。

彼は口調も特徴的で「〜してはならんよ!」など、話す際には少し古風な口調で話します。

愛車は白のリドレーで、ベルギーの自転車メーカーが作っています。

白い車体に赤文字でリドレーのロゴが入れられており、実際のプロも愛用している人がいる自転車になります。

東堂尽八が自転車を始めたきっかけは?

そんな東堂尽八が自転車を始めたきっかけは、同級生と一緒に出場した地元のヒルクライムレースです。

ママチャリ&カジュアルな服で出場した東堂でしたが、ひょんなことから一緒に出場した同級生が足を痛めてしまい、コースの途中からはロードバイクで走ることになります。

そのレースで優勝したことにより、彼は少しずつ自転車の道へと進むことになります。

東堂尽八はナルシスト!?

黙っていれば格好いい東堂ですが、ナルシストと言われています。

端正な顔立ちをしており黙っていればイケメンですが、ナルシストな言動が目立ち、自らを「天才」「美形」と称しています。自分で言ってしまうあたり、自分に相当な自信がありそうですね。

口だけなナルシストとは違って実力が伴っていたり、実際に女子から人気があったり、ファンクラブがあるほど人気者だったり...、ナルシストぶりも納得させられるところがあります。

いくらイケメンでもナルシストだと残念なイケメンと言われてしまいそうですが、東堂尽八の場合は実力も優しさも兼ね備えているため、モテているようです。

またそのほか、意外と真面目だったり(部室の掃除は率先して行うなど)、後輩への面倒見がよかったり(甘やかしすぎる時もある)と、さまざまなかっこいい・優しい面を持ち合わせています。

東堂尽八の異名は「山神」

東堂を語る上で切り離せないのが「山」という存在です。自転車競技で言うところのクライマーとは、坂登りに特化した選手のことを指します。

東堂は生粋のクライマーであり「山神」の異名を持っています。つまり坂登りの達人ですね!

東堂が得意な走りは、音を立てずに加速し気づいた時には相手を追い越す、「スリーピングクライム」(東堂命名)というもの。

ちなみに東堂はこの技を使いこなす自身のことを「眠れる森の美形(スリーピング・ビューティー)」と呼んでいます。

うーん、こんな2つ名を自分につけてしまうとは、ナルシストに加えて厨二病も発症しているのかも...!?

東堂尽八と巻島裕介は仲がいい? 2人の関係は?

東堂と特別に仲がいいのが、総北高校のエースクライマーである巻島裕介です。

巻島は物語の主人公:小野田坂道のよき先輩でもあり、坂道は今でも巻島の背中を追いかけ続けています。

巻島と東堂の関係性は「よきライバル」です。

東堂は巻島のことが大好きであり、ことあるごとに「巻ちゃん巻ちゃん」と呼びかけ、巻島の携帯に大量の着信履歴を残します。

それをめんどくさそうにあしらう巻島ですが、なんだかんだでお互いに実力を認め合っています。

ことあるごとに山で勝負をかけていた2人が、高校最後のインターハイで決着をつけようとするシーンもありました。

東堂尽八の名言・名シーン集

東堂尽八の名言・名シーン①: 「登れる上にトークも切れる!更にこの美形!天はオレに三物を与えた!!箱根の山神天才クライマー東堂とはこの俺のことだっ!!よろしく!!」

初対面の坂道に挨拶した時の東堂尽八のセリフです。こちらは彼にとっても決め台詞のようで、度々言う場面があります。

あまりのナルシストぶりに坂道は戸惑っていましたが、慣れている巻島は受け流すように忠告していました。

こんなセリフを平然といってしまえるほど自分に自信があるということの表れでもありますね。

ナルシストにはなりたくないですが、東堂くらい自信満々に生きれたらすごくいいなと憧れてしまいます。

東堂尽八の名言・名シーン②: 「たった今絶好調になった!!」

インターハイの最中、巻島と最終決戦をする約束をしていた東堂尽八。

しかし巻島は自分のチームで起きたトラブルがきっかけで、かなり後ろの方を走っていました。

巻島と対決したかった東堂は、約束していた対決ができないことにショックを感じ、早くこのレースが終わってほしいとまで思っていました。

しかし、巻島は諦めずに東堂に追いついてきたのです

追いついた巻島は東堂に「ヨウ!! 東堂 どぅだ!! コンディションは!!」と問います。

その問いかけの答えとして生まれたのが、「巻…ちゃん...オレは... たった今絶好調になった!!」という名言。

2人のライバルとしての関係性がよく見えるシーンですし、そしてこれから始まる2人の対決にワクワクするシーンでもありますね!

東堂尽八の声優は?

東堂尽八の声優は柿原徹也(かきはら てつや)さんです。愛称はカッキー。

柿原徹也さんは「あんさんぶるスターズ!」の明星スバル役、「刀剣乱舞」の鶯丸役、「キングオブプリズム」の神浜コウジ役、「FAIRY TAIL」のナツ・ドラグニル役など、さまざまな人気キャラクターを演じています。

中の声優さんもイケメンとは、反則すぎる...

東堂尽八に関するSNSの投稿まとめ

東堂尽八が大好きなSNS上のファンの呟きを集めてみました!

東堂尽八のまとめ

この記事ではナルシストで残念イケメンな東堂のプロフィールと、魅力や名言・名シーンについて解説しました。

実力が伴ったナルシストで、かつ面倒見が良い一面があるなんて、人気なのもうなずけるキャラクターですね。

現在は大学生として変わらず自転車レースで活躍している東堂。今後の山神の活躍も楽しみですね。

-弱虫ペダル
-

© 2022 ホビーミュージアム