映画・ドラマ

映画「ダンケルク」のあらすじ・口コミ・感想 【クリストファー・ノーラン】

映画「ダンケルク」 〜 あらすじ・口コミ・感想 〜

映画「ダンケルク」のあらすじ

第2次世界大戦中の1940年、ドイツ軍に圧倒された英仏連合軍はフランス北にある島「ダンケルク」に追い詰められる。追い詰めたられた連合軍は、ドイツ軍に陸からも空からも苛烈な攻撃を仕掛けられ戦況は絶望的、撤退を余儀なくされた。

連合軍は民間船をダンケルクに向かわせ救出をもくろむ。今、約40万人の兵士たちの命をかけた史上最大の撤退劇が幕を開けた。

映画「ダンケルク」の感想

映画「ダンケルク」 タイトル

画像出典: Amazon

ダンケルクを見た感想を端的にまとめると以下の通りです。

  • 約40万人の兵士の撤退劇を陸・海・空の3視点から群像劇的に描いた作品
  • 戦争映画ではあるが派手な戦闘シーンはなく、ドキュメンタリーに近い印象
  • まるで自分がダンケルクに取り残された兵士になったような没入感

以下でそれぞれのポイントについて触れていきます。

感想その1: 陸・海・空の3視点による群像劇

映画「ダンケルク」 場面写真

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画「ダンケルク」は以下の3つの視点から撤退劇が描写されます。

  • ダンケルクに取り残された若い兵士の視点
  • ダンケルク上空で戦闘を繰り広げる戦闘機のパイロットの視点
  • 撤退のために動員された民間船の視点

これら3つの視点が入り交じりながら物語は進行しますが、クリストファー・ノーラン監督らしくそれぞれの視点の時系列はバラバラ。それらの時系列がクライマックスで美しく融合し印象的なラストシーンを作り上げています。

各視点共にダンケルク撤退戦がいかに過酷なものだったかがありありと描かれます。特にダンケルクに取り残された兵士たちの恐怖・心労は凄まじいものだったでしょう。

みどー

時系列が入り乱れているので物語中盤は「ん? どういう順番なんだ?」と混乱することもありましたが、ラストで綺麗に全ての視点が交差した瞬間はちょっとしたカタルシスを感じることができました。

感想その2: ドキュメンタリーに近い印象

映画「ダンケルク」 場面写真

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

戦争映画では派手な戦闘シーンが入る映画も多いですが、この映画はあくまで撤退戦。唯一ダンケルク上空で戦闘を繰り広げる戦闘機(スピットファイア)のパイロットが敵国の戦闘機と闘う姿だけが描写されます。

しかし、戦闘機同士の戦いも派手なものではないため、戦争映画だからといって迫力のある戦闘シーンを期待してしまうと肩透かしを食らうことになるかもしれません。

「主人公が救世主としてダンケルク撤退戦を成功に導く!」という映画の作りではありません。絶望の中命からがら逃げるダンケルクの兵士たちを描いたドキュメンタリー作品として見るのが正しいと思います。

みどー

味方戦闘機(スピットファイア)の戦いは確かに派手ではありませんが見どころのひとつではあります。たびたび映される戦闘機のパイロットの表情から様々な感情が読み取れます。

感想その3: 没入感

映画「ダンケルク」 場面写真

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

前項で説明した通り、テーマが撤退戦であることもあってこの映画は派手さはなく地味な戦争映画ではあります。

しかし、全編にわたりドイツの戦闘機による爆撃の音、明確で救世主的な主人公をおかずに戦争そのものに焦点を当てた演出、無駄なセリフがなく表情や目線で語る演者たち。これらによってまるで自分がダンケルクの戦場にいるような没入感を感じることができます。

没入できた視聴者はおそらく、最終的に陸・海・空3つの視点と時系列が合流するラストが一層感動的なものに思えるでしょう。

一方でセリフが少ないことによる副作用として登場人物への感情移入はそこまでありませんでしたが、視聴する上でそれがデメリットになるような映画の作りではなかったため気になりませんでした。

みどー

セリフが本当に少ないため視聴中は自然と俳優の表情や音響に注意がいき、そうしているうちにどんどん映画そのものに没入できる感覚がありました。

映画「ダンケルク」の口コミ

映画「ダンケルク」を視聴できる動画配信サービス

映画「ダンケルク」は以下の動画配信サービス(VOD)で視聴できます。いずれも、有料レンタルでの視聴です(2021年1月時点)。

-映画・ドラマ

© 2021 ホビーミュージアム