映画・ドラマ

【ネタバレなし】 「容疑者Xの献身」のあらすじと注目ポイント

「容疑者Xの献身」は直木賞を受賞したミステリー小説で、福山雅治さん主演で映画化もされた有名な作品です。

私は何度も見返すほどこの作品が好きなので、ミステリー好きでこの作品を知らない人がいるならばそれは「実にもったいない」と思います。

そこで、この記事では映画・小説の両方を観た管理人が「容疑者Xの献身」をまだ見ぬ人に向けて、極力ネタバレなしで作品の見どころを解説していきます。

「容疑者Xの献身」の基本情報

容疑者Xの献身 スタンダード・エディション(DVD)




作者:東野圭吾

作者の東野圭吾さんはエンジニアとして勤務しながら小説を執筆し、江戸川乱歩賞や直木賞を受賞しました。

ミステリー小説を数多く執筆し、多くの作品がドラマや映画の原作になっている人気の高い作家さんです。

「容疑者Xの献身」はガリレオシリーズの中の1作品

「容疑者Xの献身」は、ガリレオシリーズと呼ばれる作品群の中の1つです。

ガリレオシリーズはどの作品も、天才物理学者の湯川学が警察の依頼を受けて一見オカルトじみた難解な事件の担当になり、その事件を科学的に解明していくという点が共通しています。

ミステリー好きにはもちろん、科学好きにもたまらないシリーズです。

一言メモ

「容疑者Xの献身」は映画と小説で登場人物やストーリーに若干の違いがあります。この記事では映画版に焦点を当てて、登場人物・あらすじを紹介していきます。

「容疑者Xの献身」の登場人物

「容疑者Xの献身」の主な登場人物を以下にまとめました。かっこ内には映画版の演者さんを記載しています。

登場人物
  • 湯川学(福山雅治):この物語の主人公であり、帝都大学の物理学准教授。スポーツ万能で、鋭い洞察力と天才的な物理学の知識を持つ。警察関係者からは、ガリレオと呼ばれるほど頭の切れる人物。
  • 内海薫(柴咲コウ):事件究明に熱心に力を注ぐ女性警官。思いつきと勘で捜査し容疑者特定に励む、正義感が強くて執念深い人物。
  • 石神哲哉(堤真一):湯川学に天才と言わしめた高校の数学教師。湯川学とは帝都大学の同期。老けた顔つきをしていて、とっつきにくそうな雰囲気をまとっている。
  • 花岡靖子(松雪泰子):石神と同じアパートの隣人。ホステス上がりで弁当屋みさとの店主。美里という中学生の子供を持つシングルマザー。

「容疑者Xの献身」のあらすじ

この映画は、冒頭で花岡泰子(数学教師石神と同じアパートの隣人)が殺人事件を起こします。

後日都内で惨殺死体が発見され、死体の身元と関係があった花岡は容疑者となりました。

聞き込みから花岡と被害者が事件直前に会っていたことはほぼ確実とみられていたため、警察は犯人が花岡で間違いないと睨んでいました。

しかし花岡は犯行時刻に殺害現場とは別の場所で目撃されており、花岡が犯人だとすると彼女が2人いると考えない限り辻褄が合いません。

彼女には犯行が不可能と思われる完璧なアリバイがありました。

アリバイを崩すことができずに頭を抱えた警視庁の内海薫は、天才的な頭脳を持つ帝都大学の物理学者「湯川学(主人公、物理学者)」に事件究明の支援を求めました。

当初、湯川は協力することに消極的でしたが、ふとした出来事から大学時代の友人である石神が事件に絡んでいる可能性を感じ、協力することにします。

「1人の人間が別々の場所で同時に存在したとしか考えられない」と言う内海薫に対し「1人の人間が同時に目撃された、いわゆるドッペルゲンガーやバイロケーションと呼ばれる事例は数多く報告されている」と説明した湯川。

果たしてドッペルゲンガー現象を科学的に解明することができるのでしょうか?

 

注目ポイント1: トリック

作品を見た感想として、まずはトリックの秀逸さに度肝を抜かれました。

ストーリーを追う中で私が思い描いていた方向の斜め上を行くトリックになっており、いい意味で期待を裏切られたのです。

トリック解明に至るまでの一見無駄に見える描写の中に伏線が散りばめられており、ラストでパズルのピースをはめていくように一気にそれらが回収される様子は気持ちいいの一言です。

鑑賞する上では、何気ない描写に注意を払いつつ見ていくとより楽しめると思います。

また、他のガリレオシリーズではトリックを理解するのに科学的な知識が必要な場合が多いですが、この作品は知識がなくても楽しむことができます。

他のガリレオシリーズを見てきた方でも新鮮な気持ちで楽しむことができるかと思います。

注目ポイント2: 真実と友情の狭間で揺れる主人公

あらすじでも触れましたが、湯川の友人でもある石神が事件に関与していることを湯川は感じます。

そんな湯川が事件の真相を解明した時、真相を公にするか否かについて深く葛藤していきます。

シリーズの他作品をみた人はわかるかと思いますが、基本的に湯川は他人の感情に無関心です。

そんな湯川が葛藤する姿はこの作品でしか見られません。

その葛藤の様子を観ていると、僕は心が痛み事件を解明しなくてもいいのではないかと思いました。

自分が同じ状況だったら...と想像しながら彼の葛藤を見守ってあげてください。

注目ポイント3: 登場人物の関係性

ネタバレになるので言えませんが、ラストに泣けるポイントがあります。

怒涛のクライマックスで登場人物にすっかり感情移入した後に、訪れる最後の10分間で涙がこぼれます。

私は映画を観てもなかなか泣かないのですが、この作品は唯一私が号泣した作品です。

ミステリーでここまで泣ける作品はこの作品を除いてはないと思います。

斬新なトリックの解明の気持ちよさ×感動が合わさっていることがこの作品を名作たらしめていると思います。

鑑賞後はきっと登場人物の心情について友達と語り合いたくなると思いますよ!

「容疑者Xの献身」はこんな人におすすめ

トリックに驚きつつも、人間の情愛に触れ涙を流したい人にオススメです。

本作品は予想もしないアリバイトリックも去ることならながら、人間の感情にフォーカスを当てた作品でもあります。

映画の登場人物の感情に想いをはせながら、ハンカチを片手に衝撃のクライマックスを味わってみて下さい。

一言メモ

おまけとして、ストーリの途中で数学の用語が出てくるので、数学の知識がある人はより物語を楽しむことができると思います。

映画 or 小説、鑑賞するならどちらがおすすめ?

すぐに物語を堪能したいなら... 映画

いち早く、「容疑者Xの献身」の世界観を堪能したい方には、映画版がおすすめです

小説に比べ、短時間で本作品の世界観に浸れるので、忙しい人は本作品をみてみることをおすすめします。

映画は以下の動画サイトで視聴できます。特にFODでは「容疑者Xの献身」以外のガリレオシリーズも観ることができるので、他のガリレオシリーズも観たいという方におすすめです。

一言メモ

2020年9月の記事執筆時の視聴方法なので、視聴できるか否かは実際にリンクを踏んで確認してみて下さい。

じっくり物語の世界に浸りたいなら... 小説

じっくり、容疑者Xの献身の世界に浸りたい場合は小説がおすすめです。

小説版は各登場人物の風体や心理描写がよく表されており、登場人物の気持ちに深く寄り添うことができます

ちなみに私は小説を読んで登場人物にどっぷり感情移入し、エンディングで号泣しました。

容疑者Xの献身 (文春文庫)




-映画・ドラマ

© 2021 ホビーミュージアム