東京リベンジャーズ

東京リベンジャーズの黒幕・ラスボスは誰?怪しい人物を徹底考察!

「東リベ」はヤンキー要素のほかタイムリープ要素も加わっており、時代が複雑に絡み合っているのが特徴です。

物語が展開していく中で気になるのは、やはり「黒幕」や「ラスボス」ではないでしょうか。

そこでこちらの記事では、「東京リベンジャーズ」の黒幕・ラスボスは一体誰なのか、考察して紹介していきます。

稀咲鉄太はラスボスではなかった?

出典:和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

「東リベ」の序盤~中盤までの最大の敵といえば、やはり稀咲鉄太でしょう。稀咲こそ、主人公・タケミチの彼女である橘日向(ヒナ)を殺し続けていた張本人です。

稀咲を殺し、ヒナが助かれば物語は終わるものだと思っていたところ、稀咲はトラックに轢かれて死亡。

稀咲が死亡したことによりヒナを殺すものはいなくなり、平和になったかと思いきや、今度はマイキーが日本最大の凶悪犯罪組織「梵天」のボスになっていました。

 

マイキーは犯罪組織のボスであるものの安住の地が訪れず、自身の止められない暴力性に苦しむ佐野万次郎(マイキー)を救う物語へと転換していきます。

つまり、稀咲はラスボスではなかったということになります。それでは、「東リベ」のラスボスは一体誰なのでしょうか。

 

東リベ ラスボス候補1:佐野万次郎

出典:和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

現時点でタケミチと戦っている佐野万次郎(マイキー)は、最終章のラスボスでほぼ間違いないのではないかと推測します。

マイキーに勝つことができれば物語は終わるのではないでしょうか。

マイキーはかつて「東京卍會」の総長でした。不思議なカリスマ性を持ち「無敵のマイキー」と恐れられ、みんなから好かれていたマイキー。

しかし彼の中に眠っている「黒い衝動」の影響で、時に暴力的な一面を見せることがあります。

 

この黒い衝動を止めていたのが、佐野真一郎、場地圭介、佐野エマでした。その3人が1人ずつ死んでしまい、マイキーの心はますます空っぽになっていきます。

マイキーが黒幕というよりは、黒い衝動に操られた状態のマイキーが黒幕と言った方が正しいでしょう。

黒い衝動に操られた状態のマイキーはとても恐ろしく、いつもの優しさは消え失せ、人を殺すことも厭わない性格に豹変します。

 

またタケミチがどれだけ時代を変えようと、マイキーが幸せになることはありませんでした。黒い衝動に囚われ、かつての仲間たちの粛清を始めたこともありました。

マイキーは強すぎるゆえ孤独です。大切な仲間たちがどんどん死んでいく中、その孤独を埋めることができるのはタケミチしかいないでしょう。

今後いかにして最有力ラスボス候補であるマイキーの黒い衝動を収めるのかを注目したいところです。

 

東リベ ラスボス候補2:明石武臣

明石武臣は元「梵(ブラフマン)」のメンバーです。「マイキーが悪い大人になろうとしているなら、悪い大人の俺たちがぶっ潰す」といった理由で、梵に所属していました。

それにも関わらず、未来の武臣は「梵天」にてマイキーの部下になっていました。この時点で武臣の発言は矛盾しています。

 

また武臣といえば元「黒龍」のメンバーです。黒龍が解散した後も黒龍の威光を利用し続け、遊び呆ける数年間を過ごしました。

結局借金まみれになってしまったところを妹の千咒に拾われ、梵に入ったという経緯もあります。

しかしその後も千咒の力を利用し、梵をお金儲けの手段に使おうとしたため、千咒は手加減して戦うようになったのです。

 

このエピソードだけで「黒幕では?」と決めつけるわけにはいきませんが、上記のような理由からあまり信用できない人物ではあります。

また現在タケミチは「二代目東京卍會」を発足し戦っている最中であり、千咒もそのメンバーにいます。しかしなぜか、梵にて一緒に戦ったはずの武臣は誘われていないのです。

 

千咒を誘った際、武臣も近くにいたのにも関わらずタケミチは武臣を誘わなかったということで、何か理由があるのではないかと推測しました。

もしかすると物語に登場していない間、どこかで暗躍している可能性すらあります。今後武臣はラスボスとして姿を現す瞬間でしょうか。

 

東リベ ラスボス候補3:半間修二

出典:和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

半間はかつて稀咲と行動を共にしていました。物語の愉快犯的存在であり、初期から登場している割に謎に包まれている人物です。

また稀咲はタケミチがタイムリーパーであることを予測していました。これはいつも一緒にいた半間が吹き込んだのではないかと推測できます。

 

つまり半間にも、タイムリープの能力があるのかもしれないのです。作中では長らく逃走を続けていた半間ですが、現在の最終決戦で満を辞して登場しています。

現在はマイキーの仲間についている半間ですが、ここから何か動きはあるのでしょうか。3人の候補の中では黒幕の可能性が最も低い半間ですが、今後に注目したいところです。

 

最後に

以上「東リベ」の黒幕・ラスボスについて考察しました。

最終決戦が白熱し、本誌ではますます盛り上がりを見せています。

気になる方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

-東京リベンジャーズ
-

© 2022 ホビーミュージアム