東京リベンジャーズ

【東京リベンジャーズ】今牛若狭(ワカ)のプロフィール・名言まとめ!

東京卍リベンジャーズ© 和久井健・週刊少年マガジン

東京リベンジャーズのキャラクターである今牛若狭(以下ワカ)は、作中でもかなりの強さを誇っています。

それほど出番の多いキャラクターではありませんが、一体どのような人物なのでしょうか。

本記事では東リベの今牛若狭(ワカ)について紹介いたします。

今牛若狭(ワカ)とは一体何者?

今牛若狭(ワカ)

東京卍リベンジャーズ© 和久井健・週刊少年マガジン

東京リベンジャーズの登場人物「今牛若狭(ワカ)」は中性的な外見に細身の体、派手なドレッドヘアが特徴の人物です。

身軽な体を活かし、敵の背後に回って戦うスピード型の戦闘スタイルをとるシーンが描かれていました。

今牛若狭(ワカ)は主人公の花垣武道が率いる「二代目東京卍會」の敵チームである「関東卍會」に所属しています。

しかしかつては、タケミチと共に「梵(ブラフマン)」にて戦っていました。実質的には裏切ったような形になっている今牛若狭(ワカ)ですが、一体どのようなキャラクターなのでしょうか。

今牛若狭(ワカ)のチーム遍歴

今牛若狭(ワカ)のチーム遍歴

東京卍リベンジャーズ© 和久井健・週刊少年マガジン

今牛若狭(ワカ)のチーム遍歴は「煌道連合黒龍(ブラックドラゴン)→(ブラフマン)関東卍會」といった形で変化しています。以下に詳しく紹介します。

まず今牛若狭(ワカ)を語る上で欠かせないのは「煌道連合(こうどうれんごう)」というチームの存在です。このチームは12の暴走族チームが集まってできており、かつて東関東を仕切っていました。当時の今牛若狭(ワカ)は「白豹」という異名を持ち、煌道連合のボスとして君臨していたのです。

一方で西関東を仕切っていたのは「螺愚那六(ラグナロク)」というチーム。こちらのトップは荒師慶三(あらしけいぞう:通称ベンケイ)です。

今牛若狭(ワカ)とベンケイはかつて、東関東・西関東でトップ争いをしていました。バチバチの喧嘩を行っていた2人をまとめあげたのが、当時まったくの無名であった佐野真一郎です。ちなみに真一郎は、「東リベ」の顔といっても過言ではない佐野万次郎(マイキー)の兄です。

今牛若狭(ワカ)は黒龍の創設メンバー

東京卍リベンジャーズ© 和久井健・週刊少年マガジン

真一郎が煌道連合と螺愚那六をまとめあげたことにより、1つのチームである「黒龍(ブラックドラゴン)」が結成されました。

今牛若狭(ワカ)は黒龍の中でも「生きる伝説」と呼ばれていたうちの1人で、特攻隊長をつとめていました。

どんどん強くなり日本一となった黒龍は、「これ以上やると弱いものいじめになるから」という真一郎の方針により解散することになります。

この後今牛若狭(ワカ)は「梵(ブラフマン)」の大幹部になりました。梵の首領である瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)と共に戦い、守るような姿も見せています。

しかし作中で描かれた「三天戦争」により梵は敗北し、解散となりました。

その後はしばらく出番がなかった今牛若狭(ワカ)ですが、ベンケイと共に「関東卍會」の一員となっています。

千咒はタケミチ率いる「二代目東京卍會」のメンバーであることから、かつての首領を裏切り、佐野万次郎(マイキー)の元へ行ってしまったことになります。

いったいどうして千咒を裏切りマイキーの下についたのか、現時点では明かされていません。

今牛若狭(ワカ)とベンケイの関係

名コンビ! 今牛若狭(ワカ)とベンケイ

東京卍リベンジャーズ© 和久井健・週刊少年マガジン

作中で今牛若狭(ワカ)とセットでよく描かれているのが「ベンケイ」です。

名前の元ネタも源義経(牛若丸)と武蔵坊弁慶ということからも明確で、作中でも名コンビ2人です。

初代黒龍の最強コンビであったワカとベンケイ。梵でも共闘する姿が描かれていました。

千咒を裏切る形で「関東卍會」の一員となった際も、隣にはベンケイがいました。この2人は今後も共に動くことになるでしょう。

今牛若狭(ワカ)の名言・名シーン紹介!

「オレが殺る気だったらオマエ 今 立ってねぇよ」(213話より)

今牛若狭(ワカ)の初登場シーンがこちら。かつて「天竺」というチームでナンバー2をつとめていた鶴蝶(かくちょう)の背後にまわり放ったセリフです。

ここで今牛若狭(ワカ)が、かつて黒龍を日本一まで導いた1人であることが発覚します。

このセリフは、自分の実力に絶対的な自信がないと言えないですよね、初登場から超かっこいい!

「オレは千咒の命に従うだけだ」(213話より)

上記の背後にまわったシーンののち、ベンケイから「カッコつけてシャシャんな」と言われた後、放ったセリフです。かつては今牛若狭(ワカ)も千咒に忠誠を誓っていたことがわかるシーンです。

「梵(ウチ)の姫を頼むワ」(225話)

今牛若狭(ワカ)の名言

東京卍リベンジャーズ© 和久井健・週刊少年マガジン

今牛若狭(ワカ)の登場シーンの中でも最も格好いい場面と言っても過言ではありません。

関東1のチームを決めるために行われた「三天戦争」では、関東卍會・梵・六波羅単代の戦いになりました。

戦争が激化する中、今牛若狭(ワカ)は千咒を守るため、タケミチに「姫を頼む」と託しました。

ここから今牛若狭(ワカ)はベンケイと共に、六波羅単代のボスである寺野サウスへと挑むことになります。

これほどまでに慕っていた千咒を裏切っているワカ。

もしかするとスパイとして動いているのかもしれません。

今牛若狭(ワカ)のまとめ

この記事では、東京リベンジャーズの登場人物「今牛若狭(ワカ)」のプロフィールや名言についてまとめました。

かつては黒龍の特攻隊長として活躍していた今牛若狭(ワカ)。

梵の大幹部になってからもかなりの巨体である寺田サウスと戦うシーンがありました。

現時点で千咒を裏切っており、思惑は不明ですが、かつては「生ける伝説」とまで呼ばれていたくらいなので、かならず今後の物語に大きく関わってくることでしょう。

今後の展開に期待したいところです。

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

-東京リベンジャーズ
-

© 2022 ホビーミュージアム